ホーム 事業案内 研究開発

研究開発

研究論文

全て はちみつ ローヤルゼリー プロポリス 花粉 ミツバチ

ローヤルゼリー

Identification of A Novel Hypocholesterolemic Protein, Major Royal Jelly Protein 1, Derived from Royal Jelly
(新たな抗コレステロールタンパク質であるローヤルゼリー由来MRJP1の同定)
PLOS ONE ,2014; 9(8): e105073
Yuri Kashima, Satoshi Kanematsu, Saori Asai, Mio Kusada, Suzuyo Watanabe, Takuji Kawashima,Tadashi Nakamura, Masaya Shimada, Tsuyoshi Goto, Satoshi Nagaoka*

要旨

RJに特異的なタンパク質MRJP1は、胆汁酸結合性及びミセル形成抑制作用により小腸からのコレステロール吸収を阻害し、肝臓でのコレステロールから胆汁酸への異化を促進することを細胞実験及び動物実験で明らかとなった。またMRJP1由来ペプチドもラット及びヒトの肝臓細胞でコレステロールの分解を促進した。

はちみつ ローヤルゼリー

ソバハチミツ及びローヤルゼリー蛋白分解物の抗酸化作用
岐阜医療科学大学紀要第7号, 71-76, 2013
三嶋智之、加島優里、松岡拓磨、渡邉鈴代、川島拓司、中村正

要旨

ソバハチミツはアカシアハチミツやレンゲハチミツより総ポリフェノール量が多く、DPPHラジカル消去能が強かった。また、ローヤルゼリー蛋白質分解物はウシ血清アルブミンの次亜塩素酸による分解を抑制し、アスコルビン酸 (ビタミンC) やカルノシンと同程度の抗酸化能を示した。

ローヤルゼリー

Antidepressant-like activity of 10-hydroxy-trans-2-decenoic acid, a unique unsaturated fatty acid of royal jelly, in stress-inducible depression -like mouse model.
  (ストレス誘導性うつ病マウスモデルを用いたローヤルゼリー特有の不飽和脂肪酸、10-ヒドロキシ-2-デセン酸による予防効果)
S. Ito, Y. Nitta, H. Fukumitsu, H .Soumiya, K. Ikeno, T. Nakamura, S. Furukawa
Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine 2012; Article ID139140 (2012)

要旨

ストレス負荷によって引き起こされる抑うつ症状について、尾懸垂試験、高架式十字型迷路試験等を実施することにより検討した。ローヤルゼリーを投与すると、抑うつ症状が改善された。また、ローヤルゼリー特有の不飽和脂肪酸である10−ヒドロキシ−2−デセン酸を投与すると、抑うつ症状や不安症状が予防されることが明らかとなった。

ローヤルゼリー

Isolation and characterization of proteases that hydrolyze royal jelly proteins from queen bee larvae of the honeybee, Apis mellifera.
(ローヤルゼリータンパク質を分解するセイヨウミツバチ (Apis mellifera) 女王蜂幼虫由来のタンパク質分解酵素の分離とその特性)
Apidologie 43(6), 685-697, 2012
T. Matsuoka, T. Kawashima, T. Nakamura, Y. Kanamaru, T. Yabe

要旨

3日齢のミツバチ女王蜂幼虫ホモジネートがアルカリ性条件下でローヤルゼリータンパク質を強く分解することを示し、ホモジネートのカラムクロマトグラフィーによる分画により分子量約38 kDaのカルボキシペプチダーゼ様酵素、約28 kDaのキモトリプシン様酵素を発見した。

ローヤルゼリー

水浸拘束ストレス負荷ラット血清中の酵素活性に対するローヤルゼリーの効果
   池野久美子、渡邉理恵、池野武行、太田好次
   修文大学紀要 2:17-20 (2010)

要旨

ストレス負荷により血清中のブドウ糖量やコルチコステロン量及び血清中の酵素活性が増加した。こうした増加はローヤルゼリーやデセン酸の投与により、やや減少し、改善の可能性が示唆された。

ローヤルゼリー

Oral administration of royal jelly facilitates mRNA expression of glial cell line-derived neurotrophic factor and neurofilament H in the hippocampus of the adult mouse brain.
(成熟マウス脳の海GDNF mRNA とニューロフィラメントH mRNA 発現に対するローローヤルゼリーの経口投与による効果)
M Hashimoto, M Kanda, K Ikeno, Y Hayashi, T Nakamura, Y Ogawa, H Fukumoto, H Nomoto, and S Furukawa Biosci. Biotechnol. Biochem. 69(4), 800-805, 2005

要旨

成熟マウスにローヤルゼリーを食餌として3日間及び10日間投与し、脳機能に及ぼす影響を調べた。脳で機能する種々の神経栄養因子とその受容体のmRNAの発現を解析した。その結果、グリア細胞株由来神経栄養因子(GDNF)のmRNA が、脳の各部位の中で、海馬と大脳皮質において、有意に上昇した。
 また、神経の軸索に局在するタンパク質であるニューロフィラメントH (NFH)のmRNA 発現も有意に上昇した。NFH の発現上昇は、軸索の伸展を伴う神経細胞の機能亢進を示唆しており、ローヤルゼリーが脳の神経細胞に対し、その機能を高める方向に働くことが示唆された。

お問い合わせ・資料請求
058-272-1221
養蜂関連のお問い合わせ
(種蜂・養蜂器具・DVD等)
058-272-1311
営業時間8:30〜17:30
メールでのお問い合わせ